1. HOME
  2. お知らせ
  3. 社内広報雑誌の出版

社内広報雑誌の出版

1、なぜ社内報を作るのか?

社内報とは、社内広報におけるツールの1つです。
イントラネット、ポスター、壁新聞など、様々なツールを総括して社内報と読んでいることが多いです。

大切なのは社内報の中身。いかに社員が手にしたくなるような情報がそこにあるかです。
社長の言葉で直接語られる会社の未来や方向性、実務に役立つ先輩たちのキャリア経験、離れた場所で同じ仕事に関わる仲間の熱意、隣の部署の人の意外なプロフィール…普段仕事をしている中では知りえないような情報を伝えられる場が社内報です。

社内報は、社員が安心して働ける環境を作ることを目的としています。社員が最も安心して働ける環境=不安の少ない状況を指します。メンバーが相互に理解できてる状況を作ることは、この不安を取り除く第一歩。自分の発言が受け入れられるかわからない、上司がどんな考えを持っているのかわからない…という不安がなくなることで、社員は自由に発言できるようになり、コミュニケーションが活性化し生産性も高まります。

この状態を心理学用語で「心理的安全性」と呼んでおり、2015年に米グーグル社がチームの生産性を唯一上げる方法として発表し、大きな注目を集めました。社内報には、会社やチーム、個人の情報を社員に伝えることで、この「心理的安全性」を支える大きな役割があります。

新着記事

お知らせ一覧